スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイトナ・ライドバーロー(Low)

  • 2007/11/23(金) 20:09:50

さて初めて乗ってみて最初に感じたのが「低い~」という事。
感覚的に100mm位下がっている感じ。

スクーターポジションから「単車」に乗っているという感じがして「これだ」と思った。ノーマルより前傾ポジションである。
幅はノーマルよりも45mm短くなっているだけだが、若干絞られているのでこれも良い感じ。

信号待ちなどではノーマルではハンドルに手を置いていられるがこれだと長い信号待ちではハンドルから離して体を起こして待っている方が楽だ。

横から見た比較写真
handlehikaku6.jpg

ノーマルの写真がちょっと真横になっていないがタンク上面からの高さが明らかに違う。


斜め後方からの比較写真
handlehikaku7.jpg

これも若干角度が違うが高さが違うのが分る。

そしてコーナーや交差点等、曲がる時も倒しやすくなった。
ノーマルの時は、スクーターよりも10kg位重いだけなのになんでこんなに曲がりにくいのか不思議であったが、まぁ下手って事も有るけど、ハンドルを換えて曲がりやすくなったのでこれは本当に良かった点である。

低くなったのを実感する時は他にも有って、止めてヘルメットをミラーに掛けておく時。
ハンドルを換えてからは「あれ?こんなに低かったっけ?(ヘルメットの位置)」と思った。
これは感覚的には200mm位に感じられた。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログへブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

ハンドルバー交換

  • 2007/11/20(火) 00:07:04

デイトナ ライドバー・ロー「Low」シルバー。

選んだ理由。
1.ノーマルとの急激なポジション変化は避けたかった。かといって全く同じポジションでは意味が無い。

2.ハンドル幅が約5cm短い。ノーマル幅広すぎ。

3.真ん中のバーがかっこよかった。

ハリケーンでもっと良さげなん有るんやけどね・・・。


交換はノーマルのグリップを外すのが色々見ててしんどそうやなぁと思っていたが右側は構造上なのかすっぽり外れた。

左側は、隙間をマイナスドライバーでこじ開けてパーツクリーナーをシュ~っと吹いて少しひねればあっけなく外れた。こんなに早く外れるんやったら来た日(水曜日)に変えておけば・・。

仮組みの際に真ん中のバーを外して上下逆に付けてレーサーみたいに低くしてみた。
良いじゃん~でもこれでツーリングは無理だ!

ちゃんと組みましょう。

思っていたよりも早く1時間もしないで交換出来た(土曜日)。

実際のハンドルの幅は

      グリップ無し  グリップ有り
ノーマル  695mm   700mm
デイトナ   652mm   655mm

と45mm短くなっている。まだ短く出来るなぁ、両側15か20mmづつくらいは切れるぞ。

ちなみにヤマハのRZ50の全幅は615mm、HONDAのCBR1000RRの全幅(クラッチ間)720mm、同CBR650RRは685mm(クラッチ間)である。
なんでこんな大きなバイクと全幅が同じなんや~。

handlehikaku5.jpg

とりあえず後方からの比較です。次回試乗記へ。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへブログランキング・にほんブログ村へ

走行距離&燃費

  • 2007/11/17(土) 23:49:18

しまなみツーリング以降の走行距離146km、総走行距離1677km。

しまなみ海道の記事では200kmごとの給油と書いていたが今回は250kmを超えての給油、まぁ忘れていたというのが正解かもしれない。

燃費は51.6km/リットル 前回より1.7km↑

今までの燃費記録はここ

ハンドルバーを本日交換、デイトナのライドバー・ロータイプ。レポは後日。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログへブログランキング・にほんブログ村へ

しまなみ海道ツーリング最終章

  • 2007/11/17(土) 19:20:20

前の記事で書いていなかったがこのフェリーは東予を22時40分発、大阪南港5時50分着であるが、乗船手続きの際に申請しておけば8時まで船内で休憩する事が出来る。

5時50分着だと6時には下船しないといけないが、例えば7時まで寝てて朝飯も食べる事が出来る訳だ。このサービスは実に素晴らしい。

船の着岸を見て誘導のオッサンに何分頃乗れるかと単車を止める所を聞いてまた待合室に。

そろそろ時間になり単車を置いている所に行く、どうやらこの船には俺一人みたい。

そこでも結構待たされたあげくようやく乗船、この船は行きの船とは違い「オレンジ8」でかなり新しい船である。大きさはほぼ同じ。

さすがに新しいだけあって中はかなり綺麗で豪華。
早速飯を食いにレストランへ、行きとは違いそんなに混んでなかったので10分待ち位で食べれた。オレンジ8のレストランはオレンジ7のレストランに比べて広く感じた。

また新しい船にもかかわらず喫煙は厳しく無い。レストランもTVコーナーも、である。
TVコーナーは禁煙と喫煙が真っ二つに別れているが壁も無く、面積も同じ左右対称のスペースだ。

行きの船では人がいっぱいだったので部屋の写真が撮れなかったが、この船では最初に部屋に行った時には誰もまだ来ていなかったので入り口の扉ギリギリからパチリ。

071103orange8shindai.jpg


2等寝台8人部屋である。
自分のベッドはこの写真の右奥の下側。オレンジ7も真ん中の棚が違うだけでほとんど同じ構造、7の時は左奥の上側だった。

TVを1時過ぎまで見て部屋へ、さぁ今日は寝れるかな、この部屋は船の船首部分の方だったので振動は行きの船よりも少ない、結構早く寝付く事が出来た。まぁ前の日があまり寝れなかったからね。

そして7時半まで爆睡、朝飯を食べて降りようかとも思ったが車が少ないうちに帰ろうとすぐに下船。

行きと同じショットを撮る。
071104orange8ikisaki.jpg


行き先に神戸(六甲アイランド)が有るがこの船は神戸には寄港しない、同社の全く別の船(別便)だけである。

071104orange8.jpg


9時過ぎに家に到着、この後昼過ぎまで家で爆睡。

終わり


参考サイト

今治バリバリリンク集


フネログ


にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村 バイクブログへ

しまなみ海道ツーリング、東予港編

  • 2007/11/14(水) 22:19:59

東予港に向けて出発するのだがその前に。

このツーリングに行く際に防寒対策としてこの時期としては大げさな位のダウンジャケットを新調。グラブもバイク用を購入。足はパッチにジーンズ。完璧だと思ったのだが・・・。

そのグラブが最初の失敗でウェットスーツと同じ素材で作られているという物であったが(素材等関係無く一番安いのを買ったってのも有るが)、「手」は完璧に寒さから守ってくれる物であったが、手首部分が短く、ダウンの手首部分を覆ってくれなくて手首部分から風がス~ス~入って来て体が寒かった。

勿論ダウンの手首部分は締める事は出来るが自分が細いというのも有るのか完璧に風の進入を防ぐのは無理である。

このグラブは通勤用に成り下がりやな・・・。
スクーター用のは分厚すぎてウィンカー戻すのが無理。まるで感触が無い。エイプ用の冬グローブは買いなおしやなぁ

下はパッチは良かったものの、ジーンズの選択を誤った。
ファッション性?を重視しところどころに穴の開いたのを履いたのが間違いだった。
走行中膝が冷たくて仕方なかった(朝とこれから書く東予港まで)。

昼過ぎは暖かかったがそれ以外は外観に似ずずっと寒かった(橋を渡っている時は忘れていたけどね)ので一日中トイレがかなり近かった(失礼)。

ライトアップを撮った港で公衆トイレが有ったのは助かった。撮る前と撮った後で2回も行ったしねぇ。

この寒さが東予港まで地獄であった。時間的にかなり余裕が有るので新居浜まで行って早くフェリーに乗り、早く飯を食べたいとも思ったがここから約50kmは辛すぎる。

マップルでは直ぐに317号線に出れる道が有るがこの港の海沿いにも道が有るので行けるとこまでは海沿いを走った。この海沿いでもライトアップを撮れそうだったが・・・。

東予までは30km弱で有るがこんなに長い30kmもそうそう無いぞ。

スピード出すと余計に寒いしトロトロ走るとなかなか着かないという・・・。
そしてこの辺りって兵庫県以上に車の運転マナーが悪いのでは無いか?

ほとんどの車がエイプを抜く歳にギリギリを抜けていく。

これが地元であれば、信号待ちで追いつくと蹴りを入れる真似をして怒りをアピールしたり、怒鳴ったりするのだがそんな元気ももう無い。

しまなみ海道を走っている時はほとんど45km位での走行。しまなみはゆっくり走るのが気持ち良い。でも一般道?では遅い。とはいっても普段から原付で50以上はほとんど出さないけどね。原付でメーターの最後のスピードは怖すぎる。

車では飛ばすけど基本的に直線より「コーナー派」なのでね、それは2輪も4輪も同じ。
加速は良い方がエエが最高速はどうでも良い。

その寒さと時間に耐え1時間少し掛かりやっと東予港の目印が、その看板は交差点名が書かれている物と同じ公共?の物でオレンジフェリー独自の物では無かった。

左折車線有りの左折なのだが分りにくくて一回真っ直ぐに進んでしまった。そしてUターンして戻り右折、そこからがまた真っ暗で全然分らない。全くオレンジフェリーの看板が無い。
地図通りに勘?で行くしかないやん。オレンジフェリーは船オタクの間ではかなり評判が高いフェリーであるが、確かに船自体は良いかもしれないがこういう所は全然あきませんなぁ。

でやっとこさオレンジフェリー東予港に到着、ターミナルまで道案内は無かった。
冷静さを無くしていたのも有るし真っ暗だったので見落としていたのかもしれないが。

時間は19時半、ターミナルには人は全く居ない。船が着くのは21時50分、出るのは22時40分。長いなぁ~。着いて直ぐに乗れる訳では無いので余計に長い。

トラックはかなり居てるが運転手はトラックに乗ったまま過ごしているみたい、食堂は誰も居ない。腹も減ったし船が来るまで我慢出来ないのでここでうどんを食べた。あとは食堂でTVで時間を潰すのみ・・・。TVもチャンネル数が少なく面白くないし集中出来ない、トイレも30分ごとに行ってたんちゃうかな・・・。

そうこうしていて21時くらいだろうか、やたら人が増えてくる。こんな不便?な所からでも乗る人いっぱい居てるんやねぇ、車も一台も止まっていなかったのがいっぱいになる位。

別の待合所に移動し椅子に横になってTVを見ているとどんどん人が増えてくる。
そしてやっとフェリーが到着、着岸する所を見に外に出る。船は飛行機とは違う迫力が有るね。

つづく(まだ続くんかい~ライトアップの写真からは翌朝まで写真は撮っていない・・・)

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログへブログランキング・にほんブログ村へ

オレンジ7(しまなみ海道・行きに利用)の飯

  • 2007/11/12(月) 23:59:49

携帯で撮っていた行きに利用したオレンジフェリー、オレンジ7の夕食。
orange7yuushoku


さかなフライ定食。
金曜日の晩はかなり人が乗っていたので揚げ物は時間が掛かるが注文。
20分位待ったが出来たてを食べれるので。フライの下にタルタルソースがたっぷり隠れています。800円。定食メニューとカフェテリア方式を足したようなシステム。

翌朝の朝食
orange7morning


朝食はバイキングも有るが時間的にほとんど売り切れだったので和定食を注文。
850円だったかな。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへにほんブログ村 バイクブログへ

しまなみ海道ツーリング・帰りの来島海峡大橋編

  • 2007/11/11(日) 19:50:54

最初に来島海峡大橋を渡る前に寄ったレンタルサイクルの有る場所でライトアップを見て撮影するべくよしうみいきいき館を出発。

橋を渡っている時に、「橋で止まって写真を撮ってないなぁ」と思い、橋の途中で狭い道の端に止めて撮る。
来島海峡第二大橋の真ん中から馬島方向。
071103kurushimayuuhi.jpg


真ん中の中渡島から反対側の武志島、奥が大島の館山(3枚の写真をパノラマ合成、馬島まで合成したかったが繋がらなかった)
071103kurushimayuuhi2.jpg


この4kmにも渡る来島海峡大橋はほんまに走っていて気持ち良い、ゆっくり渡るけどあっという間に、もっともっとゆっくり渡るのも良いかも。

渡り終わりICを出て行く時には気がつかなかったトンネルが有るので行ってみると糸山公園という所が有った。ここには来島海峡展望館が有り、建造時の写真や模型や実際に使われているワイヤーなどが展示されていた。
ここからの眺めも最高で手すりも有る。今回原付バイクでのツーリングなので三脚なんか持って来ていない。手すりの上になんとか固定してライトアップが撮れるのでここでねばる事に。
ここに着いたのが16時前その写真。
071103itoyama1.jpg


ここで失敗した事が、来島海峡大橋を今治側に渡ってしまえば夕日が写真の真後ろに・・・。夕日は見れなかった。
ここでねばるのはいいが普段は17時を過ぎるとあっという間に暗くなるのになかなか暗くならない。ライトアップまで長い長い、この間レンタサイクルの有る所に一回行ってみたり時間を潰すが中々日が落ちない、ここで1時間半居たが橋の全景も写らないのでツーリングマップルで全景が見れそうな所を探して行ってみる事に。ここでの最後の写真17時20分。
071103itoyama2.jpg


317号線を今治方向に車のICを過ぎ、橋の下を過ぎ最初の交差点を左折すれば海側に出る。暗くなってくると知らない道は迷いやすい・・・。
しかし港が有るぞ、見えた!ここや!ここしかない。家に帰って来て地図を見ると大浜町だと分る(ツーリングマップルは縮尺が1:140000なのでそこまで分らない)。
来島海峡大橋がほぼ真横から見える。しかしファインダーを覗くと全景は入らない。広角レンズ欲しいなぁ。

あとは三脚の代わりに何を使うか、これまた漁師さんの道具とか入れるでかい箱が等間隔に置いてある高さもばっちり。ラッキー~。
左側と右側2箇所撮り合成。18時少し前。
071103kurushimaoohama1.jpg


18時過ぎ。良かった、これが見たかったのだ。
071103kurushimaoohama2.jpg


ここでちょっとライトアップを見て「もうこの旅行も最後かぁ」と感傷に浸る。
まだまだフェリーの時間には余裕が有るが東予に向けて行く事に。

つづく

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログへブログランキング・にほんブログ村へ

ツーリング・生口島~戻り大島編

  • 2007/11/10(土) 20:27:46

高根島から生口島に戻り右回りに生口橋方面へ進む。

生口島に戻るとすぐにコスモ石油発見、給油する。

島の最北端辺りにほんまにちっちゃい埋立地を発見、港みたいだがかなり小さい。ここからまたまた小さい島が見えたので撮ってみた。家に帰ってから地図を見ると下鷺島みたいだ。ただこの島の少し東北に上鷺島が地図では見えるがこの時は見た記憶が無い。次回行く時は要確認やね。
奥に見えている島は三原市の佐木島で、高根島よりも大きいが橋は架かってないので渡るにはフェリーしかない。行ってみたいなぁ。

071103shitasagijima.jpg


同じ場所から東北方向、ここに小さく見えるのが上鷺島かな、現地では全く覚えていない。

071103setoda.jpg


この時点で14時、生口橋を渡るかどうか・・・。
橋に向けて走るが、家に帰って地図を見るとすぐに橋が見えてくるが覚えていない。決して居眠り運転では無いですよん。多分、橋の写真を撮れる所を探していたが良い場所が無かったのだろう。そして時間からして橋は渡らないで今治方面に戻る事にする。自転車・原付・人ICが過ぎて小さな造船所からやっとなんとか橋が見渡せる所が有った。生口島と因島を結ぶ。

071103ikuchibashi.jpg


後に時間が少し余った事を考えると橋だけでも渡っておけば良かったがその時はそんな事を思う訳も無く。旅行は、無理はしない、時間に余裕を、という事をモットー?にしているのでまぁええやろう。楽しみは次回にって事で。

そのまま生口島をぐるり一周して戻る。確かこの時多々羅大橋に向けて走っている時に先ほどのよりもかなり大きい造船所が有り、でっかいフェリー?を作っているのか、再塗装しているのかが見えて、よ~く見てみたかったが中々壁が邪魔で良く見えなかった。

そして一気に大島の「よしうみいきいき館」まで走る事になるが、大島の前の大三島の多々羅大橋出口から後ろにパトに付けられ317号線をずっと40km走行をしいられる、317号線を走っていると大三島橋に入る原付道にそのまま自然と入っていくのでパト退散。ふふふ。

大島の「よしうみいきいき館」から来島海峡大橋。

071103yoshiumi1.jpg


ここで夕日を待っていればもっと良い写真になってたのに・・・今治側に戻ってからでも夕日は見えると思ったのが間違い。

エイプと一緒に。

071103yoshiumi2.jpg


つづく

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへブログランキング・にほんブログ村へ

しまなみで給油

  • 2007/11/08(木) 23:34:01

生口島に戻り少し走るとコスモ石油発見。

たまらず給油。

前回からの走行距離167km。帰ってからまだ200km走っていない事が分るがまぁ170km位は何回か有ったし。

ちなみに燃費計算の為に給油ごとに携帯のメモに距離を入れている。

燃費は49.9km/リットル、前回より2.3km↓


にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへブログランキング・にほんブログ村へ

ツーリング・伯方島~高根島

  • 2007/11/07(水) 20:03:17

次は伯方島へ向けて伯方・大島大橋を渡るべく出発。
伯方・大島大橋料金所から
071103ooshimahakata1.jpg


橋の途中から
071103ooshimahakata2.jpg


伯方側の橋の途中から(どっちに向かって撮ったのか覚えてない、向こう側に造船所が見えるが地図を見ても分らない)これは左右2方向から撮って合成したもの。このしまなみにはこういうプライベートビーチみたいなのが無数に有る。しかもそのどれもが綺麗!暖かい時に来てせめて足だけでも入ってみたいものだ。
071103hakataooshima2.jpg


伯方島に上陸したが次の大三島まで近かったからなのかここでの写真や走った記憶が無い。次回行った際は伯方島もじっくり回ってみたい。

大三島橋から。
071103oomishimahashi.jpg


大三島橋はアーチ橋で横からの写真も撮りたかったのだが撮っていないようだ・・・。

大三島橋を降りて317号線に出る辺りから撮った写真。この左側からは写真には無いが遠くに多々羅大橋が見える。
071103oomishima.jpg


大三島も見所が沢山有る島なのだが直ぐに多々羅大橋に向け出発。
多々羅大橋を渡って一般道に下りるまでに休憩所が有りそこからの写真、直ぐ下はみかん畑だ。
071103tataraoohashideguchi.jpg


生口島へ上陸、広島県へ突入である。広島県も新幹線やフェリーで通過した事が有るだけで来るのは初めて。
生口島で一旦左回りに回る、すると最南端辺りで多々羅大橋を一望出来る所が有った。
071103tataraoohasi.jpg


多々羅大橋はしまなみ海道の橋の中で一番美しいと言われるのが良く分る。もういっちょエイプを前に。ほんまにこの橋は綺麗だ。
071103tataraoohashi2.jpg


この後、今度は右回りにサンセットビーチに向かう。サンセットビーチは期待とは裏腹に人工っぽい砂浜だったのが残念。(間違ってたらごめんなさい)
この時で12時半くらいだったのでここで昼飯を食べて休憩。眠くてしんどかったらここで昼寝でもしたかったがそんなに疲れも感じていなかった。でも1時間くらいボォ~っとしていた。

そして生口橋方面へ北上していくと黄色い橋を発見。せっかくなので渡ってみよう。高根島側から高根大橋。
071103takanebashi1.jpg


この橋を見た時に黄色い意味が分らなかったが帰って来て調べると高根島はみかんが有名でみかんのオレンジ色を表している事が分った。黄色とオレンジ色の間位の色やね。

高根島側から生口島を右に瀬戸田水道をまたぐ高根大橋。
071103takanebashi2.jpg


高根島は小さいので一周しようかとも思ったが距離計が前回給油した時から200km位走っている事に気が付く。車体をゆさぶるとまだタンクからあチャプチャプいうのでまだまだ行けそうだがなぜか急に心配になり生口島へ戻る事に。

つづく

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログへブログランキング・にほんブログ村へ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。