スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドルバー交換

  • 2007/11/20(火) 00:07:04

デイトナ ライドバー・ロー「Low」シルバー。

選んだ理由。
1.ノーマルとの急激なポジション変化は避けたかった。かといって全く同じポジションでは意味が無い。

2.ハンドル幅が約5cm短い。ノーマル幅広すぎ。

3.真ん中のバーがかっこよかった。

ハリケーンでもっと良さげなん有るんやけどね・・・。


交換はノーマルのグリップを外すのが色々見ててしんどそうやなぁと思っていたが右側は構造上なのかすっぽり外れた。

左側は、隙間をマイナスドライバーでこじ開けてパーツクリーナーをシュ~っと吹いて少しひねればあっけなく外れた。こんなに早く外れるんやったら来た日(水曜日)に変えておけば・・。

仮組みの際に真ん中のバーを外して上下逆に付けてレーサーみたいに低くしてみた。
良いじゃん~でもこれでツーリングは無理だ!

ちゃんと組みましょう。

思っていたよりも早く1時間もしないで交換出来た(土曜日)。

実際のハンドルの幅は

      グリップ無し  グリップ有り
ノーマル  695mm   700mm
デイトナ   652mm   655mm

と45mm短くなっている。まだ短く出来るなぁ、両側15か20mmづつくらいは切れるぞ。

ちなみにヤマハのRZ50の全幅は615mm、HONDAのCBR1000RRの全幅(クラッチ間)720mm、同CBR650RRは685mm(クラッチ間)である。
なんでこんな大きなバイクと全幅が同じなんや~。

handlehikaku5.jpg

とりあえず後方からの比較です。次回試乗記へ。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへにほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へにほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。